家庭でプリンターによる印刷はどんどん便利になります

プリンターはコンピューターからの情報出力装置として利用されてきました。2005年頃からはコピーなどの機能も搭載された複合機と呼ばれるものが主流になっています。プリンターとは印刷用機器の総称でもあります。さて、調べようとしていたら面白いというか興味深い情報を見つけてそれを読むのに少し時間を割いてしました。結論から言うと、コンビニなどでコピーするのと自宅の複合機でコピーするのとどちらが経済的なのかという実験です。家庭用複合機の性能も優れているのでコピーなどもコンビニなどに置かれているコピー機と比べて遜色はありません。問題はコストです。つまりプリンターにインクはかなり高価であるという印象です。そのことが家庭で印刷するときのコストを考えさせる動機です。プリンターインクが高価なのは、プリンターでの利潤ではなく消耗品での利益を考えているからということを聞きます。

家庭で印刷できることのメリットは計り知れないものがあります。雨が降る中を濡れたら困る原稿を持って、コンビニまで行くということ自体億劫です。家庭で印刷するなら、まずはコーヒーでも入れて、一杯飲みながらゆっくりと作業に取り掛かれるんです。さていろいろな印字の方式があります。熱転写方式、パソコンが登場した頃には安価なプリンターとして使われました。ワープロ専用機や家庭用のファックスなどにも使われました。感熱式は加熱で変色する特殊な用紙を使用する装置です。現在でもレシートには使われていますが、耐薬品性に乏しく、時間の経過で変色や退色を起長期保存には向きません。インクジェット方式は主に液状、のインクを微粒子化し、加圧や加熱などによって微細孔から、射出させる方式です。多色化が容易で多いものは12種類のインクを使用し、高画質が実現されています。家庭用の主流です。ほとんどの機種で使用されるインキは水性ですが、最近では顔料系にインキとの性能の差はわずかになっています。レーザー光を照射して顔料粉末(トナー)を付着させ、用紙に転写した上で熱や圧力をかけて定着する方式です。業務用として利用されます。この仕組みによるフルカラー印刷にはタンデム方式と4サイクル方式があります。

タンデム式は単色印刷とほぼ同じ時間で印刷物を完成できます。4サイクル方式は構造が複雑ですが急速に価格が下がって個人用としての利用も増えています。最近は多くの機種にワイヤレスで使用できるなどの機能が追加されますます便利に使用できるようになっています。